日本時間生物学会
学会誌「時間生物学」 2016年 2号 (Vol.22 No.2) 最新号!
安斎利洋 『Monet's Mappings #004』(2016年)(クリックで拡大)
→表紙の説明はこちら

【 目 次 】

巻頭言  「モデルを独り立ちさせるために」…………………………………………中尾 光之…………39
お悔やみ
  「北山陽子さんを偲んで」………………………………………寺内 一姫・大川(西脇)妙子…………40
リレーエッセイ(第2回)
 「これからの時間生物学者とは」………………………………………………………伊藤 照悟…………43
第13回(2015年度)時間生物学会学術奨励賞受賞論文
 「植物の概日リズム研究に関して」……………………………………………………中道 範人…………45
 「ヒトと環境と心配り」…………………………………………………………………牛島健太郎…………51
総説
 「植物の光周性花成反応における制御機構」…………………………………………早間 良輔…………55
 「レム・ノンレム睡眠と覚醒の制御機構」………柏木光昭、高木眞莉奈、安垣進之助、林悠…………61
留学体験記
 「アメリカNorthwestern大学でのポスドク生活」……………………………………伊藤 太一…………65
関連学会参加記
 「2016 SRBR meetingに参加して」…………………………………………………… 青山 晋也…………69
 「The 2016 Society for Research on Biological Rhythms meeting に参加して」
         ………………………………………………………………………… 太田  航…………71

事務局報告……………………………………………………………………………………………………………74
日本時間生物学会会則………………………………………………………………………………………………79
賛助会員リスト………………………………………………………………………………………………………84
第23回日本時間生物学会学術大会 抄録集………………………………………………………………………85
編集後記
学会誌「時間生物学」 2016年 1号 (Vol.22 No.1)
飯沢未央(表表紙・右側)『external heart』(2006年)
    (裏表紙・左側)『elastic cell』 (2007年)(クリックで拡大)
→表紙の説明はこちら

【 目 次 】

巻頭言   「時間生物学と社会」………………………………………………………飯郷 雅之 ……… 1
お悔やみ
 「太田行人先生の思い出」………………………………………………………………近藤 孝男 ……… 2
総説
 「細胞の『時間』:時計を止めた細胞の不思議」……………………………………八木田和弘 ……… 5
 「睡眠・概日リズム機構が気分調節に及ぼす影響とその神経基盤」………………元村 祐貴 ………12
研究室だより
 「「あとがけ」的な研究人生」…………………………………………………………増渕  悟 ………19

第22回日本時間生物学会学術大会開催報告 …………………………………上田 泰己・大出 晃士……22
事務局報告 …………………………………………………………………………………………………………24
第23回日本時間生物学会学術大会のお知らせ …………………………………………………………………26
第14回日本時間生物学会学術奨励賞公募のお知らせ …………………………………………………………29
日本時間生物学会会則 ……………………………………………………………………………………………30
賛助会員リスト ……………………………………………………………………………………………………35
執筆要領 ……………………………………………………………………………………………………………36
編集後記
学会誌「時間生物学」 2015年 2号 (Vol.21 No.2)
学会誌「時間生物学」 2015年 1号 (Vol.21 No.1)
石橋友也『兄弟(L1F202、L1F211、L1F213)』(2014年)(クリックで拡大)
→表紙の説明はこちら

【 目 次 】

巻頭言   「時間生物学を哲学する」…………………………………………………粂  和彦 ……… 1
第12回学術奨励賞受賞者論文
 「ヒトを対象とした時間生物学研究に魅せられて」…………………………………山仲勇二郎 ……… 2
 「生体リズムの分子機構を基盤とした臨床薬剤学:癌細胞を標的とした時間薬物送達システム」
          ………………………………………………………………………松永 直哉 ………10

 「光曝露およびメラトニン分泌量に関する時間疫学研究」…………………………大林 賢史 ………13
留学体験記
 「留学体験記」……………………………………………………………………………平野 有沙 ………18
お悔やみ
 「Lino Saez」 ……………………………………………………………………………霜田 政美 ………22
書評
 「環境Eco選書9 昆虫の時計 −分子から野外まで−」 …………………………竹村 明洋 ………26
第21回日本時間生物学会学術大会関連
 「第21回日本時間生物学会学術大会報告」……………………………………………大戸 茂弘 ………28
学術大会シンポジウム報告
 「時間生物学の進歩と展望」 ………………………………………………………海老原史樹文 ………30
関連学会参加記
 「日本時間生物学会サマースクール2014イン札幌 に参加して」
          ………………………………………村中 智明・岡田 全朗・四方  純 ………33

事務局報告 …………………………………………………………………………………………………………35
第22回日本時間生物学会学術大会のお知らせ …………………………………………………………………37
日本時間生物学会会則 ……………………………………………………………………………………………39
賛助会員リスト ……………………………………………………………………………………………………43
執筆要領 ……………………………………………………………………………………………………………44
編集後記
学会誌「時間生物学」 2014年 2号 (Vol.20 No.2)
表紙:齋藤帆奈+吉岡裕記 <Time-poiesis>(2013−)(クリックで拡大)
→表紙の説明はこちら

【 目 次 】

巻頭言  「時間生物学と情報発信」……………………………………………………明石  真 ……… 1
理事長挨拶……………………………………………………………………………………近藤 孝男 ……… 3
お悔やみ
 「川ア晃一先生追悼の辞」………………………………………………………………大塚 邦明 ……… 4
 「追悼 川村浩先生」……………………………………………………………………井深 信男 ……… 6
 「Woodyの残したもの」 …………………………………………………………………近藤 孝男 ……… 9
総説
 「メラノプシン細胞は明るさ知覚に影響する」………………………………………辻村 誠一 ………11
エッセイ
 「数理曼荼羅」……………………………………………………………………………伊藤 浩史 ………20
開催報告
 時間生物学会サマースクール2014イン札幌(CBS2014 in Sapporo)………………粂  和彦 ………21
事務局報告 …………………………………………………………………………………………………………24
賛助会員リスト ……………………………………………………………………………………………………27

学術大会プログラム(抄録部分は非公開)
 International Symposium by Japanese Society for Chronobiology in 2014…………………………29
 第21回 日本時間生物学会学術大会 抄録集 …………………………………………………………………55
 第21回日本時間生物学会学術大会 協賛企業一覧…………………………………………………………137
編集後記
学会誌「時間生物学」 2014年 1号 (Vol.20 No.1)
表紙:AKI INOMATA <Why Not Hand Over a“ Shelter” to Hermit Crabs?> (クリックで拡大)
→表紙の説明はこちら

【 目 次 】

巻頭言  「時間生物学よ永遠に」………………………………………………………重吉 康史 ……… 1

3-31ページは、一括ダウンロードして下さい→ 時間生物学会誌2014年1号

第11回学術奨励賞受賞者論文
 「概日リズムと転写後遺伝子発現制御機構−いままで、そしてこれから」………小島志保子 ……… 3
 「時間薬物療法の臨床応用を目指したトランスレーショナルリサーチ」…………藤  秀人 ……… 8
 「子どもの眠りと時間生物学」…………………………………………………………駒田 陽子 ………15
総説
 「花発生における時間生物学」…………………………………………………………伊藤 寿朗 ………18
第20回日本時間生物学会学術大会関連
 「第20回日本時間生物学会学術大会報告」 ………………………………………… 重吉 康史 ………25
関連学会参加記
 「第20回日本時間生物学会学術大会に参加して」 ………………………………… 楠瀬 直喜 ………27
 「Gordon Research Conference (Pineal Cell Biology) に参加して」 …………馬場 謙吉 ………28
 「生物リズムに関する札幌シンポジウム30周年記念大会」のご案内 ……………………………………31
事務局報告………………………………………………………………………………………………………… 32
第21回日本時間生物学会学術大会のお知らせ …………………………………………………………………36
第12回日本時間生物学会学術奨励賞公募のお知らせ …………………………………………………………38
日本時間生物学会会則…………………………………………………………………………………………… 39
賛助会員リスト…………………………………………………………………………………………………… 43
執筆要領…………………………………………………………………………………………………………… 44
編集後記
学会誌「時間生物学」 2013年 2号 (Vol.19 No.2)
表紙:三原聡一郎「   を超える為の余白」(クリックで拡大)
→表紙の説明はこちら

【 目 次 】

巻頭言  「時間生物学はどこに行くの」………………………………………………柴田 重信 ………69

総説
 「ショウジョウバエを用いた概日測時機構解析の40年
  −第2部 ショウジョウバエ再び−」
………………………………伊藤 太一・松本  顕 ………70

研究室だより
 「理学的研究室」…………………………………………………………………………小山 時隆 ………79
 「XIII Congress of the European Biological Rhythms Societyに参加して」…梅谷 実樹 ………83
事務局報告 (非公開)……………………………………………………………………………………………85
賛助会員リスト ……………………………………………………………………………………………………88

第20回日本時間生物学会学術大会
 開催案内(会長挨拶・交通案内・会場見取り図・関連集会・大会日程))…………………………… 89
   会長挨拶 「おもてなし」は白く燃え尽きるか…………………………………重吉 康史……… 90
 プログラム  ………………………………………………………………………………………………… 101
 抄録 (非公開) …………………………………………………………………………………………… 126
 著者検索   ………………………………………………………………………………………………… 175
 協賛・広告  ………………………………………………………………………………………………… 179
編集後記
学会誌「時間生物学」 2013年 1号 (Vol.19 No.1)
表紙:齋藤帆奈「ManMade Cocoons」(クリックで拡大)
→表紙の説明はこちら

【 目 次 】

巻頭言 時間医学の視点からみたオーダーメイド医療 …………………………………大塚 邦明 ………1

学術奨励賞受賞論文
 「外界刺激による概日時計の調節機構」 ………………………………………………羽鳥  恵 ………3
 「Little things make big things happen」 …………………………………………中村 孝博 ………8
 「交替制勤務者の発がんリスク評価に関する時間生物学の進展」 …………………久保 達彦 …… 11

総説
 「ショウジョウバエを用いた概日測時機構解析の40年
  −第1部 ショウジョウバエは再びとべるか?−」
…………………伊藤 太一・松本 顕 …… 17
 「クラミドモナスの時計」 ………………………………………………………………松尾 拓哉 …… 26
 「FBXL21によるCRYの安定化とマウス行動リズム制御」………………………………平野 有沙 …… 34

留学体験記
 「The Green Lab in the Brown Land」…………………………………………………小島志保子 …… 38

書評
 「睡眠学U 睡眠障害の理解と対応」 「体内時計の謎に迫る −体を守る生体のリズム−」
 「<生命>とは何だろうか 〜表現する生物学、思考する芸術」
……………………粂 和彦……… 44

第19回日本時間生物学会学術大会関連
 第19回時間生物学会学術大会を開催して ………………………………………………本間 さと …… 46
 第19回時間生物学会 体験記 ……………………………………………平松  舞・本間 元康 …… 49

関連学会体験記
 「生物リズム若手研究者の集い2012の報告」
       …………………池上 啓介・小野 大輔・中畑 泰和・藤原すみれ・村山 依子 …… 51
 「九州山口リズム研究会第二回開催報告」 ……………………………安尾しのぶ・伊藤 浩史 …… 53

事務局報告 (非公開) ……………………………………………………………………………………………57
第20回時間生物学会開催案内 ………………………………………………………………重吉 康史 …… 61
第11回学術奨励賞応募案内……………………………………………………………………………………… 63
ロゴマーク決定について ………………………………………………………粂 和彦・広瀬健太郎 …… 64
賛助会員リスト…………………………………………………………………………………………………… 65
執筆要領…………………………………………………………………………………………………………… 66
訂正:郡論文の図版……………………………………………………………………………………………… 68

編集後記
過去の学会誌・表紙デザインコンペティション
2009年以後の表紙のみのギャラリー 
 → こちらからご覧下さい

2009年以後の最近のバックナンバー
 → こちらからご覧下さい


2000年から2008年まで
 → こちらからご覧下さい


1992年から1999年まで
 → こちらからご覧下さい


表紙デザインコンペティション
 → こちらからご覧下さい